カウンター

カウンター



りんくす



プロフィール

tom tom cat

Author:tom tom cat
事務系行員。東京都中野区民。元滋賀人。琵琶湖愛してやまない。mixi日記はこちら



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ステキなコメント♪



ほとんどないトラックバック



記事検索



weathercast


-天気予報コム- -FC2-



こよみ

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:



Ver4
passive \bond FM

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むだい。

いよいよやってきます。


今週末から


やっと


 


カジュアルエブリデー



ただし室温28℃fix。


スポンサーサイト
業務の説明①

 7月用にちょっとラフにまとめてみる。ま


職種:ファンドマネージャー(以下FM)
ファンド:パッシブ
資産:円債


 


Q.FMって??
なんかお金を集めて運用して増やすってゆうイメージがあります。ちょっと古いけどタワー投資顧問の清原さんの職業。運用にも色々種類があって

・自己勘定での運用←こちらを運用とゆうか不明
・受託資産の運用


の2種類があります。自己勘定ってゆうのは、字のごとく自分の資産を投資しています。想像しやすいのはこっちの方でしょうか。5億負けた~!!とか、あ、クビとんだ。とかは、こっちの方。主に証券会社や銀行で行っている業務です。結果が全てってゆうわかり易くかっちょいい世界やと思います。ですから当初、こっちの方に憧れを抱いていました。


 


 


一方、僕がやらさせてもらってる業務は後者の受託財産の運用です。資産が人の金なので、


①人の金の集まりなのか額の桁がぜんぜん違う
②お客さんからの運用指図をしてくる
③預かってる資産の種類により運用方針が変わってくる


など、自己勘定と違う点がいくつか出てきます。特に③が業務上すごく大事になってきていると思います。自己勘定では結果、運用成績が重要視されますが。受託財産運用の場合、お客さんは、運用者の能力や会社の実績はもとよりその運用方針に投資をしてくれる!のです。そういいう意味では世間を騒がしているヘッジファンドもこっちにはいるのでしょうか??


ま、ざっくり言い過ぎれば、


負けてもそれなりの運用方針に沿って運用していればいいよ。


ってのが、受託財産の運用です。はっきりいって温めですよね。
(厳密にはちゃうけどw)


 



Q.じゃー、パッシブってなん?
先に運用方針がとても大事だと言うことを述べました。大事とゆわれてもお客さんはそれなりのフィーを支払っているのだから、その大事な運用方針を評価しなければいけません。そこで登場するのがIndexと呼ばれるものです。簡単に言うと、透明性の高い資産の組み合わせ(ポートフォリオ)です。ちなみにどっかのイカス会社がつくっています。※円債は100パー野村BPIってゆうのです。この透明性の高いかつ公なポートフォリオ、Indexに対して君ら運用成績が勝てばええやん!ってことが受託財産の運用(たぶん)。こういった方針で運用しているファンドを、アクティブファンドといいます。


しかし、実際にIndexと勝負をしてみると勝てないことが多いみたいです。8割は負けるそうです。またサルが適当に銘柄選択をして、某有名アクティブFMに勝ったことがあるとか?Monkey Typingみたいやけど。


そんな中生まれたのがパッシブファンド。Indexに勝つのが無理ならIndexに連動さしたらいいじゃん。ってゆうちょっぴりネガティブな理由で生まれた?のが経緯だと思っています。


そう、それがパッシブ。


 


次回:パッシブコア戦略とポートフォリオマネージャー


会社に入って2ヶ月弱。

日々のお仕事
仕事というか業務とゆうか作業には慣れてきた。
作業というのは日々行わなければいけないこと。
例を挙げれば、
インデックスのデータ採集とその加工。
その加工データを使ってのファンドの日時モニタリング。
リバランス時に行われるファンドに対しての様々な確認。
などがある。
手動で数値入力、加工ミスなどを防止し、
オペレーショナルリスクを抑える為なのか、
これらは全てマクロが組まれていて、仕方を覚えれば、
ボタンを押すだけで、簡単に行える。
ち因果なのか、うちの部はあんだけ細かい仕事をしているのに、
今年社長から事務のミスの少なさで何年か連続で事務表彰を受けている。
B型末っ子が入って記録更新に影響しないか心配。
 ちなみに配属先のチームにB型はいない。


 



チームで仕事をする事とその意味
1チーム4人+GRM1人の5人で9ファンド。(たしか)
オペリスクの観点からか、チームでファンド管理をしている。
といっても基本的にファンド構築案を作成するのはファンド毎に一人。
案を構築して、その後、チーム全員のチェックが入り、
最後に銀行員らしく判子を押す。

チェック方法もマクロで行い、見逃す箇所はほぼ皆無。
さらにそのマクロもみんな(除くおれ)は理解している。
VBAが使用される理由も恐らくこれであろう。

”処理速度が速い””社員が理解できる”

がチョイスされるのあと思った。(元GSのダーマンとはやっぱし違った。)
結局、オペミス時の対応に困るといったのが大きな原因。
そもそも、部署よく変わるみたいやし。
※さて自慢!
5月下旬から時価総額日本一のファンドの円債パッシブのFMに着任w
って、言えばかっちょいいけど、実際はでかい方が簡単な気がする。


 


モデル開発
青沼さんの言う通り、会社の一部の仕事でしかなく、
会社にはきっと人数はそんなに必要ないのであろう。

※Nゐ研の野村の同期もあんだけモデル開発やーーー!
ゆうてたのにも関わらず、今は『結局リテ!』とかゆうてるし。
ま、例になってへんけど、おりあえず彼は金研じゃない。


今まで業務で出会ったモデルは数点あったが、
全て子会社で作っている様子。
そのモデルのメンテナンスも同じ子会社が行っている。


委託する側に関しては、誰もが使用できる形が必要なわけで、
そのモデルからインターフェイス作成、そのメンテまで行ってもらう。
きっとモデル自体は金になることはなく、
そのモデルを使っている”誰もが使用できる”システムなり
インターフェイス自体が金となる。


し、かぁぁぁぁぁ、し!!!!


そのモデル、はたまたプログラムのアルゴリズムにいたるまで、
考え方を理解して、業務を遂行しているのと、
そうでないのとでは、まったく得るものが違う(と思う)。
現状での仕事は行えたとしても、転属が出されたときに、
その新たな配属先でスムーズに仕事が出来ない(と思う)。


 


 


今後は
会社を辞めるとかとは違う話だが、、
この会社でしか”仕事”が出来ないとかは勘弁。


きっと自分に求められているのは、作業の遂行ではなく、”仕事”をこなすこと。
”仕事”とはその背景にある内容を積極的に考え理解しながら、
新たな価値創出に取り組むものと(勝手に)理解。


OJTの先生には
『もっとマクロ読んでかないと駄目だよ』
と良くいわれます。精進しますですます。


 


 


 


その前に金融コンプラの試験。


ひとりごと。

仕事はとても面白い。
が、大きい会社?は業務が細分化されていて、
全体の流れがよくわからんかったりするのでは?と、ほざいてみる。
現在の状況: あのフロアのあの席でした仕事が出来ない。
そんな、応力のまったくない、新人。エクセルに強くなる。


プレゼン?をした。
法律?資料を読んで改訂されたとこをチームの人に発表。
準備時間:2時間。 プラスレス。。
発表の練習なんんて出来るわけがない。
現在の状況:仕事出来ない新人代表。


平日飲み会はするのもではない。
水曜日なぞの銀行は19:00に電気が落ちる。
とゆうか、帰れ!ってゆわれる。(普段から新人は早く帰らされる)
そのせいか、社員さんは水曜日に飲み会を入れる。
現在の状況:眠い


テックはあくまで違う会社。
お互い利益を求め合ってた。安くしてとゆう会話が飛び交う。
そう、それがたとえ出向者であっても・・・
現在の状況:1号2号とよくからむ。


高島屋では旧Mのカードは使えない。
とゆうか使わせない。
現在の状況:新生銀行神聖さすら感じる。神々しい。


後ろではマルチンゲールってゆう人が一人だけいる。(旧U)
バイサイドやのに2項モデルをやらはるらしい。
現在の状況:おれ、定義くらいは言える。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。